平成29年 夏場所 白鵬復活の優勝

平成29年夏場所は、横綱・白鵬の38度目の優勝、13回目の全勝優勝となった。1年ぶりの優勝で、大横綱の見事な復活だった。
優勝者インタビューの中では、「手術もした。断食をした。ヨガをやってみた。」と、満身創痍の大横綱の更なる向上心が見える。

とにかく、優勝だけでも凄い復活ぶりだが、全勝優勝するところは、「大横綱」だ。
さて、場所前に挙げた「今場所の見所」はどうなかったか??

見どころ1: 白鵬の復活ぶり。衰えた中で、どう勝ち星を積み重ねるか。
        →見事、全勝優勝!復活するところが凄い!

見どころ2: 稀勢の里、3連覇なるか。ケガの後遺症は?
        →4敗を喫した後、途中休場。ケガの後遺症は、まだ残っているようだ。

見どころ3: 高安、大関獲り、そして、初優勝なるか?
        →11勝を上げ、直近の3場所で、34勝。大関昇進確実。
         後半失速して、優勝争いからは脱落。

見どころ4: 小兵力士が面白い! 石浦、宇良。
        →宇良が大活躍で11勝。自己最高位の更新が確実。
         石浦も8勝で勝ち越し、最高位の更新となりそう。

見どころ5: 「小柳」改め「豊山」 伝統ある四股名。どうなる?
        →新入幕の今場所は、4勝11敗と負け越し。来場所の十両への降格が確実。
         由緒ある四股名をもらっているだけに、来場所以降の巻き返しに期待したい。

今から、名古屋場所(7月)が楽しみになってきました。