複数SNS時代のアカウント連係


Instagram、Fasebook、Twitter・・・様々なSNSをすべて更新するのは大変。SNS同士を結び付け、一括で投稿できる至極便利な連携ツール「IFTTT」を紹介します

複数SNS時代のアカウント連係

Instagram、Fasebook、Twitter・・・様々なSNSの連係方法はいくつかある。

たとえばFacebookのタイムラインにTwitterから投稿されたものが”twitterから投稿”などと示されていたり、のタイムラインTwitterにInstagramの短縮URLがのっていたり、そしてこのURLをクリックするのが意外とひと手間で、画像をみないままスルーしてしまったりすることも、よくある。

これらを解決するような、いい方法がないか探していた。
IFTTTという、よいツールを見つけたので紹介したい。

IFTTT(If THIS then THAT)

IFTTTは、If THIS then THATの略で、「【これ】が起こったら【あれ】をする」の【これ】と【あれ】を設定することで機能する。

ここでは、ビジネスや趣味で活用可能な「【インスタグラム投稿】が起こったら【Twitter投稿】をする」と「【インスタグラム投稿】が起こったら【Facebook page投稿】をする」の2種を同時に設定して、Instagramに投稿するだけで、TwitterとFacebook pageの2箇所にも、リンク貼り付けではないピュアな投稿が行なわれる設定を作ってみる。(※もちろんほかの設定も可能だ)

IFTTT、ユーザー登録と初期設定

まずはhttps://ifttt.com/にサインアップ(=新規登録)して、アカウントを作ろう

https://ifttt.com/user/new?wp_=1からメールアドレスとパスワードを登録し、Sing Up。

無事アカウントが出来たら、https://ifttt.com/loginからサインイン(=ログイン)。

下部に密やかにあるSign inをクリック

メールアドレスとパスワードを入力してSign in

もしかしたら初回ログイン直後に「よく使う3つのもの」などというような質問が英語で出るかもしれないが、その場合は無視して右上xで閉じる。すると、画面右上にユーザ名(初期設定ではメールアドレスの@以前(+数字))が出ているので、展開。

Settingをクリック

Timezoneを国内に設定

不要メールが来ないようチェックを外し「Update」

IFTTT、SNS同士の連携設定 InstagramからTwitter

あらかじめ他の人が作ったIf Then の文例も用意されているのだが、筆者の場合は、自分で1から作った方が思い通りに設定できて、使いやすかった。英語なので若干直観的でない動きもあったのだが、理解してしまえば「If Then」の構造で、極めて単純なのでくじけず…頑張る。

ここで先に進む前に、ブラウザの別タブで、繋ぎたいInstagram、Fasebook、Twitterそれぞれのアカウントでログインした状態を作っておきたい。ビジネスアカウントとつなぐはずが個人アカウントとつないでしまったなど、うっかり別アカと繋いでしまうのを避けるために。(間違えても修復は可能だが間違えない方が楽だ)

「New Applet」をクリック

「If this then that」が表示されたうちの「this」をクリック。

検索窓にinstaと入力すると、instagramが候補に出るのでクリック

Instagramと「Connect」

ユーザ名を確認して「Authorize」

「Add new photo by you」

これで【インスタに写真を投稿したら】というIf文ができた。続いて【Twitterにも写真を投稿】という結果を作る。

「that」をクリック

検索窓にtwitterと入力すると、Twitterが候補に出るのでクリック

Twitterと「Connect」

右上のアカウント名を確認して「連係アプリを認証」

インスタの画像をリンクでなく画像のままツイッターにも投稿したいので「Post a tweet with image」

インスタの文字と画像がそのままTwitterにも投稿される設定にして「Create action」

「Finish」


これでInstagramからTwitterの設定は完了だ。

My appletで追加された設定が確認できる

IFTTT、SNS同士の連携設定 InstagramからFacebook Page

さらにFacebook Pageへも連携しよう。手順はTwieerとの連携とほぼ同じ。
(※PageでなくFacebookユーザとの連携も可能なので、その場合は類推してやってみてください)

再び「New Applet」をクリック

「If this then that」が表示されたうちの「this」をクリック

検索窓に「fa」と入力すれば「facebook page」が候補が出るのでクリック

「Connect」

別窓でpageの候補が出る。複数ページの管理人の場合はプルダウンで選択しUpdate

「Update a photo from URL」を選択

FB投稿内にInstaのリンクが出てしまわないよう、{{Url}}の部分を削除してから「create action」

「Finish」

My appletで設定が2種類確認できる

これで完成。Instagramから投稿すれば、TwitterにもFacebook Pageにも、(Instagramからと表示されることなく)投稿される。

もし設定が間違っていたら?

かなり気をつけて進んできたはずだが、設定が間違っていた、あるいは連携アカウントを変えたい場合もあるかもしれない。
たとえばTwitterのアカウントを変えたいなら、同一ブラウザの別タブで、変えたい先のTwitterのアカウントにログインした状態で、IFTTTで、My Applet → Services → Twitter → Setting → Edit connection

Facebook Pageを変える場合も同様に変更するか、あるいは完全に分からなくなってしまったら、いったんMy Appletで作ったAppletをOFFにして新規に作り直すのもいいかもしれない。

設定がうまくいくと、結構、便利です。