部屋から見下ろす打ち上げ花火

見下ろせば街を彩る夏花火


部屋からゆったり見下ろす花火。ラジオ中継を聞きながらがオススメ

夏の終わりに

今年の首都圏は暑すぎる夏だった。
北海道はなんだか寒い夏だった。

熱くても寒くても、立秋の日(2018年は8月7日)が過ぎ、処暑8月23日の前日までが立秋の期間と考えても、そろそろ秋が近づいている。夏の思い出話をしよう。

今年の夏は部屋から花火を見おろした。

窓越しに最初の一発が揚がる

窓に映る部屋の灯りが、なんだかいい感じ

海辺の街を見下ろしながら、花火の音を聴くゆったりとした時間。
ちょっと大人な雰囲気の部屋花火。
こうした時のおススメは地元のラジオをつけながら見ること。

地域の大きな花火大会だと、打ち上げ実況をラジオでしていることが多い。プログラムの読み上げをしてくれるので、どんなテーマ・タイトルの花火なのか、あるいは会場でどんなBGMと一緒に打ちあがっているのかが、家に居ながらにして楽しむことができる。

部屋でなく街でみる花火でも、打ち上げ会場か遠いときは、radikoなどでラジオを聞きながら楽しむのはとってもおススメ。一味深く楽しめること請け合い。ぜひ試してみてほしい。

海には船も光り、夜空には上から下まで大輪が咲いたフィナーレ