温かな灯りがいっぱい、大沼湖水祭り

夏の夜空を彩るランタン


灯ろう、ランタン、花火。温かな灯りがいっぱい、大沼湖水祭り

夏の終わりに

大沼は函館からほど近く、新幹線駅「新函館北斗」に降り立てば、そこから列車で15分と、アクセスは抜群。
そんな中にあって、雄大な山・駒ヶ岳が見守り、大きく広がる沼には、冬になると白鳥が訪れる自然豊かな場所だ。

湖水祭りは、この大沼で1906年から100年以上続くお祭り。
地元の住職が灯ろうを湖面に流して、水難者を供養したことが始まりだと言われる。

灯ろうには、今も多くの人の祈りが込められる

夕暮れになると、この灯ろうを沼へと流す。

思いをこめた灯ろうを沼へと


舟からもそっと


日が暮れた沼に、灯ろうがゆれゆら

2018年の今年は、初めての試みで、灯ろうのあとでランタンを浮かべる時間も。

夕闇の中にランタン


みんなで一緒に空へと手放す

湖面に灯ろう、空にランタン

ゆらゆら、ふわふわ

そしてランタンをゆっとりと降ろすと、続いて花火大会!

花火が、夜空に一層の彩を添えた

灯ろう、ランタン、花火。
夏の夜の様々な光たちが、ひとりひとりの思い出を、温かく織り成していく。
そんな大沼の湖水祭りの一日でした。