ログハウスに泊る海の見える宿・風の丘

こだわりの手作りログハウス


函館近郊の隠れ家風ログハウスの宿「風の丘」。広々とした綺麗なログハウスで、波の音も聞こえる。

函館から海沿いに30分

函館駅から車で海沿いに30分ほど行ったところにある「風の丘」。鉄道利用の場合は、函館駅から道南いさりび鉄道で8駅40分ほど乗った後、2キロほど歩くと辿りつく。

周辺からは津軽海峡が一望

中央に土日祝のみ営業のログハウスカフェがあり、隣の棟には宿泊できるとのことで、ここで週末をすごしてきた。

おひとりから、8人まで

宿泊棟の奥には4ベッドの寝室。

ソファーベッドがゆったりと4つ並ぶ

驚くのはここから。リビングに移ると、ゆったり流れる音楽が出迎えてくれた。音響装置にあまり詳しくなくとも音質の良さに包まれる。ここにもソファーベッドが2つ、それからピアノ。

手前のソファーをベッドにしてみた

さらにリビングのとなりに2ベッドルーム。

ここだけはちょっといいベッドなので、お値段がすこしブラスになるそう

床も木材で、はだしで歩いても気持ちいい。

素泊まりがお得

そして驚くのはお値段。こんなに広々としたログハウスが素泊まりでひとり3500円。ここまでに8ベッドあるのを紹介したが、1人で泊っても8人で泊ってもひとりあたりの値段は変わらない。閑散期なら貸切にもできるそうなので、ひとりだけで海をみながらすごす休日もよさそう。

リビングの窓をあけると、風がふわりとカーテンを揺らした

耳をすませば波の音が聞こえる。海に沿う線路が下の方にあり、姿は見えないが、列車が通るとがたんごとんと、風とともに列車の気配を感じる。その音が長く続けば、きっと貨物列車。
リビングにある大きな柱は杉の木で、台風で倒れてしまったこの木を見て、このログハウスを作ったなど、エピソードをすこし教えてもらった。

土日はカフェで焼きたてピザ

ログハウスは素泊まりしかないのだが、土日はとなりのカフェでピザなどが食べられる。

ピザは薪の釜で焼きたて

身も心もゆったり。なんで今までここにこなかったんだろう、と思ってしまうくらい、贅沢な時間だった。

珈琲は函館の名店、Cafe TUTUの1番

参考サイト

当別―風の丘 facebookページ