豪華クルーズ客船「ロイヤルウィング」を横浜で気軽に

全長86.7メートルのクルーズ客船「ロイヤルウィング」


豪華クルーズ客船「ロイヤルウィング」、ティータイムにはお手頃価格で乗船可能

異国情緒が溢れる港町「横浜」。

かつて「瀬戸内海の女王」と呼ばれた美しいフォルムと豪華で俊足を誇る優秀なクルーズ客船「ロイヤルウィング」。船内でウェディングも可能な豪華船だが、現在は横浜で、美しい景色や夜景で有名な横浜港内を大さん橋から2時間弱かけて定期運航している。

クルーズは、ランチ、ティータイム、ディナーの3つの時間帯。乗船料はそれぞれ2000円、1500円、2500円。乗船のみも可能だが、1000円のスィーツから豪華25000円のフルコースまでメニューを選んで、店内のレストランで舌鼓をうつことも可能だ。

今回はティークルーズでスィーツという、もっともカジュアルなクルーズを体験してきた。
始まりは船の前でクルーのお出迎え。

シャッターサービスもあった

2,876トンの大型船は、さほど揺れもなく出航。

窓から見えるマリンタワー

ベイブリッジをくぐる

見上げるベイブリッジ

出航前からフリードリンクは始まっていたが、ほどなくしてスィーツも運ばれてきた。

バイキングもあるレストラン

スィーツセット。このほか、中華菓子のセットも

屋上には自由に出ることができ、ハート型のフォトスポット「恋人の聖地」も。

写真撮影にも最適

スィーツでのティータイムクルーズならドリンクとスィーツ込で2500円とお手頃価格だが、こんなクルーズ、記念日にもよさそうだ。

スペシャルでケーキなどもオーダー可能だが、今回は同行の友人が誕生日だったため、申し込み時の記念日ですかの質問に誕生日と答えておいたら、港に戻るころにこんなプレゼントも。

うれしいプチ誕生日ギフト


楽しいクルーズでした。

参考サイト

ロイヤルウィング