持ち運べちゃう温泉! 温泉ウェットティッシュ


温泉水成分で作られた温泉ウェットティッシュ、化粧水としてもお肌にイイかも?

持ち運べちゃう温泉! 温泉ウェットティッシュ

北海道の知内町にいってきました。
知内には【開湯800年を誇る北海道最古の温泉】として知られる「知内温泉」と、森の中にたたずむ「こもれび温泉」があります。

この温泉水で作られたウェットティッシュなるものをいただきました。

なんでも、
・天然温泉水に必要最小限の防腐剤のみを足して作られていて
・アルコールフリーで
・不織布はパルプ100%原料の自然に還る天然素材

と、なんだかいいことづくし。

持ち運べちゃう温泉水って、すごいかも。

天然温泉水に必要最小限の防腐剤

温泉ウェット、どう使う?

ウェットティッシュといってしまうと、机の上をふいたりなどお掃除用のイメージも強いですが、せっかくの温泉水、掃除するだけじゃもったいない。何か使えないかなと考えてみました。

それぞれの温泉の効能は 
 知内温泉 胃腸病・皮膚病・打ち身・火傷・婦人病など
 こもれび温泉 神経痛・筋肉痛・慢性消化器病・きりきずなど

ふむ・・・裏面には「手や首筋の汗をふいたらすっきり」と書いてあります。と、いうことは・・・
おそらく顔に使ってもいいということですよね

そしてちょうど旅行中で化粧水忘れちゃったなぁと思っていたので、化粧水代わりに使ってみました。

いいです、これ!! 肌に浸透してくれます。
ポケットティッシュサイズで、10枚の化粧水として持ち歩けば、旅行グッズとしてかなり○。

ポケットに温泉を入れて

温泉ウェット、全国的には?

調べてみると、四万温泉、白馬八方温泉が、やはり温泉水のウェットティッシュを出しているようでした。
温泉に入り比べならぬ、温泉ウェット使い比べ、なんていうのも、おうちにいながら小さな「湯めぐり」として、楽しめるかもしれません。

ちなみに気になるお値段は、3つで500円だったところを、最近はすこしお値下げして、1つ150円で1つから買えるようにしたとのことです。まだ現地でしか買えないグッズのようですが、もし手にすることがあったら、いろいろと使い方を試してみるとよさそうです。