琵琶湖:湖西の魅力1


湖南・湖東・湖北・湖西とある琵琶湖。今回は過疎地域でもある湖西の魅力を紹介

日本一の湖、琵琶湖の「湖西」

日本一の湖である琵琶湖。滋賀県の1/6の面積を占める。
地図を見ても、滋賀県の半分くらいあるように見えるが、1/6だそうだ。

近隣の京都が強いためか、琵琶湖は観光地としては認知度が高くないが、行ってみると実に魅力的だ。
湖南・湖東・湖北・湖西とあるが、今回は過疎地域でもある湖西を紹介したい。

<湖西とは>
大津市の半分と高島市全体のエリア。
比叡山や比良山地があり、夕方くらいの強風「比良おろし」も有名。
行ってみるととにかく過疎のエリア。
しかし、琵琶湖の水がとても綺麗!

近江舞子中浜や月見浜

琵琶湖に行く際、いつもは大津市中心部の湖南しか行かなかった。
そこで見る湖水は、濁ってみえていた。決して綺麗な水のイメージはなかった。
しかし、湖西は水が綺麗!澄んでいる。琵琶湖のイメージが変わりました。
JR湖西線「近江舞子駅(おうみまいこ)」の近くには、魅力的な砂浜もいっぱい。

近江舞子中浜や月見浜。水が透き通っていて、景色も最高。
写真だけ見ると「本当に琵琶湖なの?」と思ってしまう程、琵琶湖のイメージが変わりました。