森のサーカス


森の中で演じられた「森のサーカス」を紹介

古来より、森や林に居る精霊

—古来より、森や林には精霊がいると伝えられています。
 花の精、竹の精、あらゆる植物の精。
 彼らは葉っぱや幹の影に隠れひそみ、じっと人間の動きを見つめ、森を守ってくれています。

「森の精」を、アーティストのLekaが森の中に置く中、エアリアル(空中芸)のアーティストたちが森の中を舞う。2017年5月14日、横浜にある「鴨井原市民の森」にそんなサーカスを見に行った。演出は目黒陽介、音楽はイーガル。

軽々と宙で精霊のように踊るエアリアルアーティストは、長谷川愛美とALK

これに対し、地のマイムアーティストのバーバラ村田の存在感がすごい

最後には、地のバーバラ村田のまとう布が天まで伸びて、地と精霊、人と森はひとつになって、
あるいはひとつであった記憶に辿りついて、物語は結ばれた。

森そのものであるかのような深緑の衣装が木の上へと延び、その先でエアリアル

サーカスはステージで見る物という印象が強いかもしれないが、森のサーカス、とても深い時間だった。